介護の未来を変える ~若者の新しい発想と挑戦 〜

2018.12.11全体研修会

介護の未来を変える ~若者の新しい発想と挑戦 〜

講師 Join for Kaigo代表 秋本可愛さん

会場 能登川コミュニティセンター

大学時代にデイサービスで介護職としてアルバイトをしたことから介護への関わりが始まった秋本さん。ある男性利用者は、認知症の影響で夜間でも眠れず、介護職としてどのように対応していくべきか、悩みながらも多くのことを考えさせられた。その後、2011年に東日本大震災が起き、災害支援や復興支援に多くの関心が寄せられたが、介護への関心は秋本さんの周囲でも薄いままだった。そして、「介護の未来を良くしたい」とJoin for Kaigoを起業した。

介護事業は、大きな規模ではメガ社会福祉法人や上場企業、小さな規模では地域の有志で立ち上げたNPOなど様々な事業主体が渾然一体となって展開しているため「介護」と一括りにできない事情がある。

そのような組織の事情はあるが、ケアの現場で仕事をする人々が自ら課題解決をし、未来を描きながら、社会的地位も向上させる、そんな介護リーダーたちを一人でも多くサポートしたいと秋本さんは言う。

現状に満足せず前提を疑う、そして新しい価値創造を意識する。自分では何ができるだろうかと考えさせられた貴重な時間だった。

関連記事

  1. 『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』著者が語る組織マネジメント…

  2. リーダシップとは何か?

  3. 介護保険制度改正を踏まえたこれからの地域包括ケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。