令和5年度全体研修会報告

令和5年12月1日(金)、五個荘コミュニティセンターにおいて、令和5年度全体研修会を開催いたしました。

講師に一般社団法人介護人材政策研究会 代表理事 天野尊明先生をお迎えし、「令和6年度介護報酬改定と2040年に向けた展望」をテーマに講演をいただきました。
令和6年度の介護報酬改定の意義として
・物価・光熱水費の高騰による著しい経営圧迫や、全国的な賃上げムードのなかでの人材獲得競争(力)の問題を大前提として、「我が国の介護サービスそのものをいかにしてまもっていくか」という極めて重いものであり、
・高齢者とされる層の数的ピークとともに、85歳以上となる方が増加していくこと、またさらなる生産年齢人口の減少が見込まれる「2040年」に備えた制度設計をいま一度、点検・強化するという、歴史的にも意義深い機会であるとの話がありました。
介護報酬改定に向けて情報を整理し、私たち介護施設・事業者に求められるものを考え、将来を展望する貴重な機会となりました。

関連記事

  1. 令和4年度 定例総会・記念講演会

  2. 帰国者・接触者相談センターへの相談する目安の変更について

  3. 東近江介護サービス事業者協議会会員情報更新

  4. 【延期】12/6 全体研修会

  5. 介護保険制度改正を踏まえたこれからの地域包括ケア

  6. 令和5年度 定例総会・記念講演会 報告

  7. 協議会活動の再開について

  8. 令和5年度東近江介護サービス事業者協議会総会&記念講演会の開催について…