令和3年度介護報酬改定の主な事項について

1月18日(月)、第199回社会保障審議会介護給付費分科会にて令和3年度介護報酬改定の概要が示されました。


令和3年度介護報酬改定の概要

新型コロナウイルス感染症や大規模災害が発生する中で「感染症や災害への対応力強化」を図るとともに、団塊の世代の全てが75歳以上となる2025年に向けて、2040年も見据えながら、「地域包括ケアシステムの推進」、「自立支援・重度化防止の取組の推進」、「介護人材の確保・介護現場の革新」、「制度の安定性・持続可能性の確保」を図る。改定率:+0.70%

1.感染症や災害への対応力強化

2.地域包括ケアシステムの推進

3.自立支援・重度化防止の取組の推進

4.介護人材の確保・介護現場の革新

5.制度の安定性・持続可能性の確保

令和3年度介護報酬改定の主な事項について

第199回社会保障審議会介護給付費分科会

関連記事

  1. 滋賀県「注意ステージ」への引き下げについて(令和3年2月26日)

  2. 介護施設による面会の考え方について(全国老施協資料)

  3. 介護現場におけるハラスメント対策

  4. 第177回社会保障審議会介護給付費分科会(オンライン会議)資料(令和2…

  5. 注意ステージへの移行について

  6. デイとショートの介護報酬に特別配慮

  7. 高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について(…

  8. 新型コロナワクチン接種後の注意点