全数届出の見直しについて

当県でも、令和4年9月26日から、新型コロナウイルス感染症患者の全数届出の見直しが行われます。この見直しに伴い、発生届の対象外となる患者の方々について、医療機関による診断後に、自己申告により患者情報を把握し、すみやかに必要な療養と支援につなげるため、「滋賀県新型コロナ診断後申告窓口」をが開設されます。

滋賀県ホームページ

下記の方は、従前のとおり、医療機関による発生届が必要となります。

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方、または、重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方
  • 妊娠している方

関連記事

  1. デイとショートの介護報酬に特別配慮

  2. 高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について(…

  3. 発生時の業務継続ガイドライン

  4. 注意ステージへの移行について

  5. 初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種…

  6. 令和3年8月からの介護保険制度の見直しに係る周知について

  7. 12/2開催 滋賀県新型コロナウイルス感染症発生時の介護関連施設・事業…

  8. (滋賀県事務連絡)高齢者施設・事業所の利用者・職員等に新型コロナウイル…