初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について

新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、クラスター発生の場合に限らず、初回接種の完了から8か月以上の経過を待たずに追加接種を実施する場合の接種対象者等について、整理されましたのでお知らせいたします。

令和3年12月17日 厚労省 事務連絡「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について」

令和3年12月24日 厚労省 事務連絡 「高齢者施設等の 入所者及び従事者 、通所サービス事業所の利用者及び従事者への新型コロナウイルス感染症に係る 予防接種 (追加接種 )について

周知依頼

関連記事

  1. 広域職種別接種(大規模接種)について

  2. 帰国者・接触者相談センターへの相談する目安の変更について

  3. 6月1日以降の滋賀県における新型コロナウイルス感染拡大防止対策について…

  4. デイとショートの介護報酬に特別配慮

  5. 新型コロナウイルス感染症の再流行に備えた感染対策の強化について

  6. 県専用相談窓口の設置について

  7. 令和3年8月からの介護保険制度の見直しに係る周知について

  8. (滋賀県事務連絡)高齢者施設・事業所の利用者・職員等に新型コロナウイル…